So-net無料ブログ作成

分かってるくせに、やってしまいましたα900 [カメラ]

僕は、息子を美しく残したいという思いから、ハイビジョンビデオカメラと一眼レフカメラに手を出してしまいました。
特に一眼レフカメラに、はまってしまい、とうとう高級レンズに手を出したのです[がく~(落胆した顔)]

ZEISS・・・カールツァイスというブランドはご存知でしょうか?
カメラ好きで知らない人はいないと思うブランドです[わーい(嬉しい顔)]
空気も写せるというレンズを開発・販売をしている会社です。

僕はα350でお部屋で動き回る息子の撮影に悩んでいました[ふらふら]
カメラは基本的に光をコントロールして撮影すると思います。
しかし、お部屋の中は、光が少ないため、撮影する条件が悪いのです。
簡単に言えば、光が少ない分、シャッタースピードを遅くすることで、足りない光を補充することになります。
シャッタースピードが遅くなると,カメラ手持ちでブレてしまうのですが、αだと手振れ補正があります。
だから、大丈夫[exclamation] では、ないのです[ふらふら]
被写体ブレがあるのです。つまり息子が動いています。カメラ側がブレを補っても、被写体が動いていたら・・・・
どうしようもないです[もうやだ~(悲しい顔)]
そこで、それを解決するためには、明るいレンズだ[exclamation&question]ということで、
ソニーが純正としてZEISSからレンズをOEM提供されている
Planar T* 85mm F1.4 ZA (プラナー)をやってしまいました[わーい(嬉しい顔)]

F1.4という数字は、素人の最初の壁である「絞り」の値を「1.4」まで「開く」ことができます。
僕も、最初、何のこっちゃ[exclamation&question]と思っていました。
「絞り」には「開く」と「絞る」があります。カメラのモード切り替えで「AUTO」「P」「A」「M」とありますが、「A」が絞り優先というスイッチになります。これを使って自分で「絞り」を選択します。
「AUTO」は名前通り、全てカメラにお任せモードで、「P」は、カメラに内蔵されているプログラムが勝手に絞りやシャッタースピードを決めてくれるもので、フォーカスする場所等を自分で決めることができます。
僕も最初は、「P」とα350についてる撮影シーンに応じた{AUTO」以外に6種類のお任せモード(シーンセレクション)で撮影していました。
レンズがF2.8だと、「P」だろうがお任せモードであろうが、お部屋で動き回る息子を撮影するとカメラが決めた絞り値は、「F2.8」でシャッタースピードは1/30秒くらいです。息子が止まっているときは、しっかり構えてファインダーから覗いて撮影すると、なんとかブレないで撮ることができますが、動きがあると、被写体ブレで綺麗にとれません[バッド(下向き矢印)]
ファインダーを覗くことになるのであれば、せっかくの可動式ライブビューが活かされません[もうやだ~(悲しい顔)]

これからカメラを始めるパパ&ママのために僕が知った豆知識は、
基本的には、絞りを「開」くとシャッタースピードが速くなり、「絞る」とシャッタースピードが遅くなるようです。レンズによりますがF1.4のレンズだと絞り値がF1.4~F22までできるのが多いようです。
絞りを「開く」ことにより、被写体の前後がボケて被写体が良く見える効果があり、「絞る」と画面全体がしっかり写るようです。シャッタースピードが早いとボケやすくなり、遅いと画面全体がくっきり映るようです。なので、開くとシャッタースピードは早くなり、絞るとシャッタースピードが遅くなるようです。
「A」モードは、絞り優先で絞り値で、シャッタースピードをカメラが自動的に決めてくれます。「S」モードだとシャッタースピード優先で、カメラが自動的に絞り値を決めてくれます。絞りもシャッタースピードも自分で決めたいときは、「M」モード、つまりマニュアルで自分で決められます。まずは、一眼レフを始めたら「絞り」を覚える(経験する)ことで、素敵な写真が撮れるようになると思います。

「A」絞り優先でカメラが決めるシャッタースピードは、シャッターがきれるために適正なものです。適正でなければシャッターは切れないのです。(AもしくはSモードの場合) なので、いくら開いても、光が少なければシャッタースピードそのものは遅くなります。そのような場面で絞ると、シャッターが押せなくなる可能性があります。

シャッタースピードを稼ぐのにISOの感度を上げるという手段があります。
これは、撮影するとき、感度を上げることで少ない光でも、撮影できるものです。分かりやすく言えば少ない光で明るく撮れると考えてもいいかと思います。
α350では「M」モード以外でISOをオートにしておくと最大400までしか上がりません。α350は100-3200までの感度が設定できるので、ISO「AUTO」ではなく自分で800以上を選ぶことができますが・・・・・
感度を上げると、ノイズというのが目立ちます。撮影した写真にザラザラ感が出てしまいます。
初級者用のカメラでは、どうしてもこの辺りが弱いようです。α350は暗い場所だとISO400からノイズが目立ちます。
特に高画素(α350では1400万画素)だと、ノイズが出やすくなる傾向があるようです。
素人だと、高画素であれば、綺麗に撮れると思いがちですが、それだけではないのです[がく~(落胆した顔)]
ちなみに明るい場所(外で曇りでも十分明るいと考えてください)であればISO100もしくは200で十分なので、ノイズは気にしなくて大丈夫です。ただ、お部屋で蛍光灯の下における動体(動き回る息子)の撮影は、カメラにとって大変厳しい環境である事実を知りました。

僕は、師匠に相談をしました。お部屋で蛍光灯の下における動体撮影において、被写体ブレ、ノイズを気にしないで綺麗に撮るにはどうしたらいいだろうと・・・・
師匠は、「明るい単焦点レンズ」で試してみれば?と答えてくれました。
更に、悪魔のように囁きが、僕を狂わしたのです・・・
「まずは単焦点1本、良いレンズを持てば、もっとカメラが好きになるよ」
良い単焦点レンズ・・・・
早速、ソニーHPを見て、見つけたのがプラナー(85mmF1.4)だったのです[わーい(嬉しい顔)]
よし[exclamation] これを買おう[わーい(嬉しい顔)] 僕は、息子の笑顔を綺麗に撮りたいだけです。だから必要と考えました。しかし、師匠の「・・・・もっとカメラが好きになるよ」を訳すと「もっとカメラにはまり、レンズ地獄へ落ちるよ」という意味でもありました[ふらふら]

しかしプラナーは高価です[がく~(落胆した顔)] 40インチ位の液晶テレビが買えそうなお値段です。
ここは、価格.comの出番です。早速、いろいろ見てみるとクチコミでは、プラナーが絶賛されていました。更に、読み込んでいくとカールツァイスのゾナー(135mmF1.8単焦点)が、プラナーより絶賛されていました。
ただ、お部屋で撮影するのに、85mmでも厳しいです。たぶん、APS-Cサイズであれば35mm、少し広いお部屋でも50mmが妥当なところ、「素晴らしいレンズ」ということで笑顔UPで撮影を前提にプラナーを決断しました。大絶賛のゾナーは、135mmなのでドッUPになってしまいます。APS-Cサイズでは、レンズ焦点距離に1.5倍したものが焦点距離になります。だから、35mmだと52.5mm、50mmだと75mm、85mmだと127.5mmです。135mm・・・202.5mm[わーい(嬉しい顔)] お部屋で200mm以上の望遠で息子の撮影は、お花ではなく、お鼻の撮影になってしまいます。[あせあせ(飛び散る汗)]

価格.comでは、相場で大体14万円前後のようです。当然目標は長期保証をつけて13万台での購入です。
はい、購入できました[わーい(嬉しい顔)] カメラのキタムラで経年劣化の5年保証ですが、全て込みで13万円半ばで購入できました。価格.comは、最安値ではありません。価格.com内の最安値は、標準価格と思っていいと思います。その前後で買えば、損も得もしない価格で、それ下回れば良しでしょう。探せば、もっと安いお店はあるかも知れませんが、探す手間時間を考えれば、価格.comの最安値を下回ることでかなりの好結果かと思います。

購入した日は、平日で、たまたま仕事で新宿に行ったばかりに、価格調査のつもりが即ツモでした。でもとても嬉しかったです。何故か、超ハイテンションになってしまいました。その日は、家に帰るのが楽しみで、仕事を早めに切り上げたのですが、電車の中で、プラナーを落とさないように気をつけていたら、スーツの上着を忘れてしまい、蒲田から錦糸町のコースが、大船・経由になってしまいました。おまけに品川で横須賀線に乗り換えるつもりが、大船で間違えて湘南ライナーに乗ってしまったばかりに、新宿まで行ってしまい、結局、蒲田-錦糸町が、大船・新宿経由になってしまいました[がく~(落胆した顔)]

さて、蒲田-錦糸町(大船・新宿経由)で家に帰るまでの所要時間は、約3時間でした[たらーっ(汗)] 早く会社を出たのに、結局、いつもより遅くなってしまいましたが、まだ息子は寝ていませんでした。なので[るんるん] 早速、撮影[カメラ]

[黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][黒ハート][ハートたち(複数ハート)] すごいです。プラナーはすごい[exclamation×2] 僕のα350が、ごっついカメラになってしまいました。超興奮です。綺麗に撮れたときの感動はたまりません[るんるん][るんるん][るんるん]

子供の目は青いです。それが綺麗に写るんデス[わーい(嬉しい顔)]
すごい[exclamation]すごいぞ[exclamation×2]僕のα350+ツァイスプラナー[グッド(上向き矢印)]

そこで、価格.comで絶賛されていたゾナー Sonnar T*135mm F1.8 ZA 
とても気になります[あせあせ(飛び散る汗)]

それから毎晩、プラナーで息子を撮影するたびに、ゾナーだったらどうなるんだろう[たらーっ(汗)]と考える毎日を過ごしました。
結局、15日後に買ってしまいました[わーい(嬉しい顔)]
息子を連れて、電車に乗ります。息子は電車が大好きなのです[るんるん] 電車を撮ったり、夜のホームで信号機の明かりを入れた息子の絵は、とてもド素人が撮影した絵に見えません。超超~超感動します[わーい(嬉しい顔)]

すると、ゾナーでお部屋で撮影するのは、35mmのカメラだとなんとかなりそうな気がしてきました。
α900の噂がありましたが、レンズで液晶TV2台分使ったので、お金がありません[もうやだ~(悲しい顔)]
ボディは、すごい勢いで新製品が出ています。1年も経てば半値近い価格で新製品が出たりするので、あまり興味がありませんでした。
なので、フィルムカメラにしようと思いました。そして、価格.comの先輩たちに質問させて頂いたところ、α7薦めてもらいました。中古屋さんで物色して検討をしていたところ、師匠のご友人がお持ちで、お借りして試してみました。

やはりカメラは35mmです[わーい(嬉しい顔)]プラナーがお部屋で常用に使えそうです。ゾナーも何とか使えそうです。

α7で撮影したフィルムをカメラ屋さんに持ち込み現像してもらいました。
さぁ、どんな絵が撮れてるか[るんるん]
すぐに見てみると、悲しい現実がありました・・・・ブレまくり[もうやだ~(悲しい顔)]
そうです、α7には手振れ防止機能がついていないのです。この解決方法は三脚しかありません。
ところが、三脚では、場所をとってしまい、
お部屋の中では思ったところに立てるのが難しいのです・・・[ふらふら]


そして、僕は、分かっているのに・・・・・1年もすれば半値で同じようなカメラがでるのに・・・・
α350を買ってまだ7ヶ月くらいなのに・・・・[たらーっ(汗)]

10月7日午後3時、ソニースタイル予約発売当日に我慢できず・・・・ポチ[わーい(嬉しい顔)]
発売日当日にGETしてしまいました[手(グー)] やってしまいましたα900[揺れるハート]


To be Continued

タグ:α900
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます